Top
 

ガンバ大阪に関するコラム、ゲームレポート、戦術分析
by mateloss
A NEW HOPE-新たなる希望(3)

この1年で何度か井手口のプレーを見る機会があったけど、なかなか将来が楽しみなタレントだなと思う。


守備の技術に関しては、インターセプトはもうすでにJ1のディフェンシブハーフとして十分に通用するレベルという感じだが、対人でのボール奪取能力は、梅﨑@浦和クラスが相手になると簡単にかわされてしまうこともあり、まだ場数と技術の両方又はどちらかに不足がある感じ。


守備時のポジショニングは、特にヒドイというシーンはまだ見たことが無く、J1のディフェンシブハーフとして及第点というところか。
天皇杯の決勝では、あと1歩か2歩位の差でマークが間に合わずに、勢いを殺せないままいわゆるバイタルにボールを展開されてしまうというシーンが何度かあり、このあたりが抑えられるようになると”J1でタイトルを狙うクラブにふさわしいディフェンシブハーフ”と言えるようになる。
おそらく、この部分は場数の問題でもあり、また明神にすらポジショニングの指導をした健太監督にも細かく指導されることは間違いないだろうから、遅かれ早かれ、そして大なり小なり、さらなるJ1への適応が期待できるだろう。


一方、攻撃に関しては、さすがはガンバのユース上がりで技術は高いけれど、時間的・スペース的な余裕がないとボールを前に運ぶことができないようで、リンクマンにはなれないのかな?という印象を受ける。
ユースまでのプレースタイルを知らないけれど、少なくとも現時点は、リンクマンではなく、稲本や武井のように、基本的には後ろに控えておいて、確実・安全に次のプレイヤーにボールをつなぎつつ、ロングフィードを狙ったり、ここぞという時にオーバーラップをかける、という使い方/使われ方の方が、彼にとってもチームにとっても、より安全で彼の特徴も活きるという意味でベターだろう。


まぁ。実際にこのような使い方・使われ方をするかどうかは別として、いずれにしろ今野や遠藤とは「できること」が違うので、彼らに代えて投入した場合には、チーム全体が戦い方を調整する約束毎が必要だろう。
今野に代えるのであれば、そのままだとリンクマンが不在になるので、倉田がより頻繁に中盤に降りてくることが必要だろうし、遠藤に代えて今野と組む場合には、近くに安全な預け先がいなくなるので、他のプレーヤーがさっと前線にポジショニングするのではなく、一旦は彼の近くにポジショニングしてあげる必要があるだろう。


いずれにしろ前季のようにACLの出足からつまずいて(というかすっころんで)1stセットを優先して戦わなければならない破目に陥らない限りは、今季は前季に増して出場機会は増えるだろうし、ボール運びが巧くて速い広島・浦和・川崎・鹿島・横浜あたりを除けば、それほど大きな穴になる(される)心配もなさそう。
他の若手のように下位カテゴリにレンタルに出さなくても、ACLも含めてガンバのトップチームで育てていけるレベルであり、家長・宇佐美ほどの驚きはなかったけれど「逸材」の評判も過大とは思えず、今季のガンバのゲームを見る楽しみの1つだ。


[PR]
# by mateloss | 2016-01-07 22:12 | Column


 
Copyright 2004 Mateloss All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.