Top
 

ガンバ大阪に関するコラム、ゲームレポート、戦術分析
by mateloss
'17 第29節 対新潟戦雑感 やる気が裏目に

どちらが降格に瀕しているかわからない内容で終わった新潟戦。

今こそ力を示さなければいけないプレーヤーの「やる気」が裏目に出ているのかな?と感じた。


このゲームでは、思うようにビルドアップ(=ボール奪取後からアタッキングサードでの仕掛けにいたるまでの繋ぎの局面)できなかったけれど、中盤の選手でシンプルにプレーしていたのは遠藤と途中交代で入った中原位のもので、その他のプレーヤーは難しいプレーを選択した結果、ボールを奪われたり、パスの精度が低くなってしまったのがその要因。

ビルドアップの軸になるタスクだったがために、悪い意味で目立ってしまったのが井手口で、攻守ともに奮闘していたのは間違いないけれど、ビルドアップの局面で難しいプレー選択を続けた結果、ビルドアップが上手くいかない原因になってしまっていた。

この日の新潟は遠藤、井手口の2人を相当にケアしてきて極力前を向かせないようにプレッシャーをかけた。

遠藤は前を向けない局面では、シンプルにCBに戻してCBからの展開を促す一方(FWや両サイドのポジショニングの問題で、あまり実現はしなかったけれど、、)、井手口はマーカーをはがして前を向こうとして引っかかってしまったり、ダイレクトパスで前にボールを運ぼうとするも精度や連携が低くて次に繋がらなかったり、と見た目には孤軍奮闘と見えるプレーだけれど、展開的にはマイナスの影響を与えてしまった。

生来の強気と、自分が何とかしなければいけない、という「やる気」が裏目にでてしまったのかな、という印象。


両サイドの泉澤と井出も同様。ともにドリブラーゆえか、ミドルサードからドリブルでボールを運ぼうとしたけれど、ボール周辺を密にする結果となってボールを前に運ぶことを逆に困難にしてしまったり、何とかアタッキングサードにボールを運べても大してチャンスは作ることはできなかった。

期待のファン・ウィジョも、前節まではシンプルにプレーするFWなのかな、と見ていたのだけれど、新潟戦では終盤になるにつれ、個人で仕掛けにいく場面が目についた。

このあたりは皆、それぞれの理由で今が力の示し時のプレーヤーたちで、クオリティそのものも疑問符がつくのだけれど、加えてその「やる気」が裏目に出てしまっているのかなと思う。


ついでに泉澤については、ちょっとガンバのレベルで役に立つ選手ではないかな、とほぼ結論づけている。独特のリズムを持ったドリブラーという触れ込みだったけど、ガンバでは大してチャンスを作れておらず、大宮時代も見たことあるはずなのに印象に残っておらず、なぜ獲得したのか全く理解できていない。


明るい希望という点では中原は期待できるプレーヤーだな、という点。

U23でも唯一、J3レベルではないことを毎試合示していた選手で、バックパスをかっさわれるとか、仕掛けの縦パスがフォアチェックをかける相手に引っかかってハーフカウンターのきっかけとなってしまうとかの致命的なミスが、1試合のうちの23回は出てしまうのが欠点だけれど、ここが修正できればJ1でタイトルを狙う(はずの)ガンバでもやれるのではないかと思っている。

(逆に修正できないと、J2どまりかも。まぁ、札幌からのレンタルなので、来期どうなるかわからいけど。。)


[PR]
# by mateloss | 2017-10-15 12:09 | Report


 
Copyright 2004 Mateloss All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.